妻・恋人・フラれた男へ送る切ない漢詩 3選

まとめ

  • 切ない恋愛の漢詩として、1杜甫「月夜(げつや)」、2李商隠「無題」、3魚玄機「寄李億員外(李億員外に寄す)」が挙げられる。
  • 1は男性側から逢えない妻への気持ちを切なく表現し、2は悲恋を美しく表現し、3は女性から捨てられた男への気持ちを切なく表現する。

こんにちは。本日は、切ない恋愛の漢詩を3つご紹介します!

こんにちは!これまで恋愛系の作品はいくつか紹介してもらいましたが、恋愛系の漢詩って割とあるんですね💡漢詩と恋愛があんまり結びつかなくて💦

確かにあまり有名ではないですが、割とありますよ!今回は恋愛系の中でも、どちらかというと暗く切なくなる作品をご紹介します。

1、離れ離れの妻を想う 杜甫「月夜(げつや)」

月夜(げつや)

現代語訳

今夜、私の大切な妻は、鄜州(ふしゅう)の月を寝室から独りで見ていることだろう。

とても大切に思う幼子たちは(幼すぎて)、長安(で捕らえられている私の身)を心配することさえできない。

かぐわしい霧に濡れて(妻の)結った黒髪は潤い、清らかな輝き(の月に照らされ)、玉のように美しい(妻の)腕は寒々(と輝いていることだろう。)

いつになったら(お前と)静かな部屋のカーテンに寄り添い、月の光で泣き止んだ顔を照らすことができるだろうか。

本文

今夜鄜州月、閨中只独看

遥憐小児女、未解憶長安

香霧雲鬟湿、清輝玉臂寒

何時倚虚幌、双照涙痕乾

書き下し

今夜 鄜州(ふしゅう)の月、閨中(けいちゅう)に只だ独り看る

遥かに憐む小児女、未だ長安を憶うを解せざるを

香霧に雲鬟(うんかん)湿(うるお)い、清輝(せいき)に玉臂(ぎょくひ)寒からん

何れの時か虚幌(きょこう)に倚(よ)り、双(とも)に照らされて涙痕(るいこん)乾かん

注釈

五言律詩。「看」「安」「寒」「乾」が押韻。

鄜州…土地名。この時、杜甫の妻子はここにいた。

閨中…寝室。

雲鬟…美しく結った髪。

玉臂…女性の美しい腕。

虚幌…部屋のカーテン。

杜甫はこの時、反乱軍に捕らえられており、家族と離れ離れでした。そのような中、愛する妻や子どもの身を案じていることが分かります。

どちらかと言うと、妻への気持ちが多いですね💡杜甫さんって愛妻家だったんですね。個人的にポイント高いです✨

そうですね。杜甫は愛妻家といって良いと思いますよ!当時は一夫多妻だったので、杜甫は複数の妻を持つことができましたが、生涯1人の妻しか持ちませんでした。ちなみに李白は4人妻がいました。

杜甫のポイント上がりました!あと、「かぐわしい霧に濡れて(妻の)結った黒髪は潤い、清らかな輝き(の月に照らされ)、玉のように美しい(妻の)腕は寒々(と輝いていることだろう。)」みたいに、妻を褒めちぎっているのも良いですね✨お嫁さんはキレイだったんですかね?

かもしれませんね。この時点で結婚して15年は経っていましたし、身内のひいき目があったのかもしれませんが、それでも素敵だと思います✨

あと、後半2句の「いつになったら(お前と)静かな部屋のカーテンに寄り添い、月の光で泣き止んだ顔を照らすことができるだろうか。」の部分も素敵です。単に「妻と会える」ことをここまでキレイに表現できるものかと思います💡

そうですね。カーテン越しに杜甫と嫁さんの顔が月明かりに照らされる様子は、思い浮かべるだけで非常に美しいと思います✨
なお、月が登場する漢詩については、以下のページにまとめていますので、興味があればどうぞ!

2、周りから反対されている恋愛模様を描く 李商隠「無題」

無題

現代語訳

(2人は)会う事も別れる事も難しく、春の風は弱々しく吹き、多くの花がくずれてしまう(ように、2人の関係はあやうい)。

春の蚕が死に至るまで糸を吐き続け、ロウソクが燃え尽きてはじめて涙が乾く(ように、女は死ぬまで愛する男を想う)。

(女は身を調えようとして)朝の鏡を見ると、憂いで豊かな美しい髪の毛が衰えてしまっており、夜にうたっても一人きりなので月の光が冷たく感じる。

(女のいる)蓬莱山までさほど遠くはない。(蓬莱山まで使いとなる)青い鳥よ、どうか(彼女の様子を)念入りに探ってみてくれないだろうか。

本文

相見時難別亦難、東風無力百花残

春蚕到死絲方盡、蝋炬成灰涙始乾

暁鏡但愁雲鬢改、夜吟應覚月光寒

蓬山此去無多路、青鳥殷勤為探看

書き下し

相見る時難く別れるも亦た難く、東風は力無く百花残(そこな)う

春蚕死に到たりて糸方に尽き、蝋炬(ろうきょ)灰と成り涙始めて乾く

暁鏡(ほうぎょう)に但だ愁い 雲鬢(うんびん)を改め、夜に吟ず応に覚える月光の寒きを

蓬山(ほうざん)此より去ること多路無く、青鳥 殷勤探り看ることう為さん

注釈

七言律詩。「難」「残」「乾」「寒」「看」が押韻。

東風・百花…暗に2人の関係を例えている。

春蚕・蝋炬…それぞれ女を例えている。

暁鏡…朝の鏡

雲鬢…豊かな美しい髪

蓬山…蓬莱山のこと。仙人が住むと言われた伝説の山

切ない恋の歌というのは分かりますが、曖昧で分かりづらい部分が多いです💦まず、冒頭の「(2人は)会う事も別れる事も難しく」は具体的にはどんな状況なのでしょう?

そこの解釈は難しいですが、女性側は仙人の住む蓬莱山(ほうらいさん)に住んでいるみたいなので、神様や仙人など、人ではない可能性がありますね💡
もしくは、唐の時代には現在の山東省に蓬莱県という地域があったので、そこを指している可能性もありそうです。

「女性=神様」で「男性=人」の許されぬ恋だとすれば、 「(2人は)会う事も別れる事も難しく」はしっくりきますし、めちゃくちゃロマンチックになりますね✨

神と人との恋は許されぬ恋の典型ですね✨現代のアニメやマンガであるような気がします。古い作品ですが、「狼と香辛料」を思い出しました。

ロマンチックではありますが悲恋なので、すごく切ないですね…

そうですね。あと個人的には、「東風」「百花」が暗に2人の関係を、「春蚕」「蝋炬」が女をそれぞれ例えている所が切ないながら美しく感じます✨

3、捨てられた男に送る 未練たらたらの気持ち 魚玄機「寄李億員外(李億員外に寄す)」

寄李億員外(李億員外に寄す)

現代語訳

(昨夜は遅くまであなたのことを思い続けて、やっと明け方に寝たので)なんだか太陽に照らされるのが恥ずかしく、うすい袖でさえぎり、この春を憂い悲しみ、起きて化粧をする気にもなれません。

高価なものを手に入れるのは簡単ですが、本当の愛をそそいでくれる男を見つけることは、とても難しいものです。

ひとり寝の寂しさにひっそりと枕をぬらし、せっかく楽しむべき春の花の中にいても、心の中は悲しく腸もちぎれるほど辛くもどかしいです。

しかし、自分から好きな人のおそばへ行ったのだから、見捨てられた今でも、あなたのことを恨んだりはしません。

本文

羞日遮羅袖、愁春懶起粧

易求無価宝、難得有心郎

枕上潜垂涙、花間暗断腸

自能窺宋玉、何必恨王昌

書き下し

日を羞じて羅袖に遮り、春を愁いて起粧に懶す

無価の宝を求むるは易きも、有心の郎を得るは難し

枕上潜かに涙を垂れ、花間 暗に腸を断つ

自ら能く宋玉を窺う 何ぞ必ずしも王昌を恨まん

注釈

五言律詩(タイトルは「贈鄰女(鄰の女に贈る)」という説もある。)

「粧(しょう)」「郎」「腸」「昌」が押韻。

寄李億員外(李億員外に寄す)…李億はかつて作者が愛していた男性であり、この時点では捨てられていた。「員外」は役職名。

宋玉(そうぎょく)…戦国時代の詩人で美男子であった。ここではかつて愛し合っていた李億(りおく)を指す。

王昌(おうしょう)…「嫁いだ男とは別の男」の意。ここでは李億を指す。「その昔、莫愁(ばくしゅう)という女性は、「盧(ろ)」という裕福な家に嫁いだが、金持ちではないが幼なじみの王昌に嫁いだ方が幸せだった」という話を踏まえている。

これも中々切ないですが、1、2とは別の意味で切なく感じます💦

作者の魚玄機(ぎょげんき)は、李億という男性と恋仲になりますが、李億には既に正妻がおり、正妻の圧力で別れさせられます。この詩は、李億と別れさせられた後に書いたものだと推測されています。(異説有り)

それは辛いですね…そしてこの作品は、一見すごく未練たらたらに見えますが、最後に「しかし、自分から好きな人のおそばへ行ったのだから、見捨てられた今でも、あなたのことを恨んだりはしません。」とあるから、スッキリとした気持ちも感じられますね💡

そうですね。しかしどちらかというと、「もう未練がないと強がっているがそれを隠きれていない」という気持ちを感じます。

それっぽいですね💦そもそも、本当に吹っ切れているのなら、こんな作品作りませんもんね💦笑

個人的に注目したいのは、「高価なものを手に入れるのは簡単ですが、本当の愛をそそいでくれる男を見つけることは、とても難しいものです。」の部分です。これは本当に名言だと思います✨

「金より愛のほうが手に入れるのは難しい」ってことですね。これは真理かもしれません。

素敵な言葉ですが、シチュエーション的には重く響きます。魚玄機にとっては、切実な叫びだったでしょうね。魚玄機は結局、李億と復縁することはありませんでした。

魚玄機さんかわいそう…

以上、切ない恋愛系の漢詩を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

どれも切なかったですが、「切ない」の意味がそれぞれ大きく違っていました💡1は男性側から逢えない妻への気持ちを切なく表現し、2は悲恋を美しく表現し、3は女性から捨てられた男への気持ちを切なく表現していて、どれも素敵でした✨ありがとうございました!

古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!
お手持ちのスマホですぐ読める!書店で使えるポイントが貯まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。