4コマ漫画で気軽に三国志を知ろう! 『孔明のヨメ。』

ポイント

  • 『孔明のヨメ。』は、黄月英という女性と、諸葛孔明の仲睦まじい新婚生活を描いた作品。
  • 内容・絵柄ともに読みやすい。
  • 「当時の女性観・夫婦観・生活観などを知ることができる」という点で、漢文読解に役立てられる。
  • 三国志に興味があるけど、何から入ったらよいか分からない人へもおすすめ。

1、杜康潤『孔明のヨメ。』のあらすじ

こんにちは。本日は、『孔明のヨメ』というマンガを紹介させて下さい。

以下、あらすじをまとめます。

注目

『孔明のヨメ。』のあらすじ

三国志の時代、黄月英(こうげつえい)という女性がいた。

結婚適齢期であった月英は、お見合い結婚で諸葛孔明(しょかつこうめい)という男とお見合い結婚する。

最初は乗り気ではなかった月英であったが、孔明の物腰柔らかく学問好きな所に惹かれていく。

孔明も月英の学問好きな所に惹かれ、仲睦まじい新婚生活を築いていく……

女の子が主人公で、新婚生活が主になっているマンガなんですね!私は戦いとかには興味があまりないから、読みやすそう✨

内容が読みやすいのはもちろん、絵柄は可愛らしいですし、色々と漢文読解に役立つことも教えてくれるので、本当にオススメです。

絵柄が可愛らしいのはポイント高いです!笑

一部オンラインで無料公開されているので、よかったらご覧になってみて下さい。
https://comic.pixiv.net/works/4048

先生が言うとおり、絵柄が可愛いし、4コママンガで読みやすいです✨

また、2021年9月の時点で12巻まで出版されていますが、血なまぐさい表現は全くないので、その点でもオススメできます✨

私痛いのはマンガでも嫌なので、その点も安心だなぁ💡

そういえば、三国志って、マンガ・アニメ・小説・ゲーム・スマホアプリとか、沢山ネタにされてますよね?最近は、「新解釈・三国志」とかの映画も作られてますよね?

その通りです。三国志は、日本でもかなりの知名度を誇り人気です。一方で、「三国志に興味はあるけど、どれから手を付けてよいか分からない」という人がいると思います。そのような方に、『孔明のヨメ。』はオススメです。

三国志にあるあるなんですが、「人物が多すぎてストーリーが理解できない」というハードルがあります。

しかし、『孔明のヨメ。』は基本日常パートが多く、ストーリーもゆっくり進み、登場人物もそこまで多くないので、無理なく楽しめると思います!

私も少し三国志に興味あるけど、よく知らなかったから、ぴったりですね✨

このマンガをきっかけに、三国志の世界にどっぷりはまりましょう!

先生って三国志好きなんですか?

無限に話し続けるくらいには好きですよ✨話しましょうか?

マンガ読んで自分のペースで知っていきます!笑

2、メリット 当時の女性観・夫婦観・生活観などを知ることができる

『孔明のヨメ。』は、「当時の女性観・夫婦観・生活観などを知ることができる」というメリットがあります。

主人公が女性で、夫婦生活が主なので、これはあらすじだけでイメージしやすいですね✨

この作者の方は、古代中国の風俗・習慣について、研究者レベルで学ばれて、本当に学ぶことが多いです。
正直、私も初耳の情報が沢山あって、大変勉強になってます…笑

それはすごい!!広く当時のリアルな生活や価値観を学べば、漢文が読みやすくなりそうです✨

そうですね💡作者の方は、『孔明のヨメ。』以外にも中国を題材としてマンガも描いておられるので、是非併せてご覧になって欲しいです✨

最初に紹介してくれた『梨花の下で』も『孔明のヨメ。』の作者さんの作品ですよね。併せて読んでみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。